前へ
次へ

DNAの合成にも関わる亜鉛を子供の食事に

ミネラルも健康維持には必須の栄養素ですが、その中でも亜鉛は子供の順調な成長を助ける種類です。亜鉛は通常の食事をすることで十分な摂取ができるものの、献立などに偏りがあるとその限りではありません。DNAやたんぱく質の順調な合成にも関わるのが亜鉛であり、成長期の子供に不足をすると、様々なマイナス要素につながることがあります。味覚障害になれば味に鈍感になってしまいますし、発達障害になれば身長が伸び悩みますが、けがをしても傷がなかなか治らなかったり、脱毛や皮膚の炎症を起こすなど穏やかではありません。こうした症状が出るのは極端な例ですが、順調に丈夫に成長をできるよう、子供にも亜鉛豊富な食材を献立に加えることです。たっぷりの亜鉛を含む種類としては、海苔やひじきなどもそうですし、切り干し大根や高野豆腐に納豆なども多いです。苦手な子もいるので無理に献立に出す必要ないですがレバーにも豊富、子供も好きなチーズや卵にもたっぷり含まれています。

Page Top